自宅に松戸のデリヘルを呼ぶときのポイント

松戸駅の東口にあるコーリアタウンでホルモンを食べながら、マッコリを飲んでる風俗管理人です。酔った勢いで行くピンサロやセクキャバもいいけど、最近は恋人気分のデリヘルが気にいっています。

 

デリヘルはビジネスホテルやラブホテルだけでなく、気に入った女の子を自宅に派遣してくれます。抜きたいけどホテル代が気になる時、ラブホテルが混雑して満室の時などに「自宅派遣」を利用しています。

 

デリヘル嬢を自宅に呼んでみたいと思ってるあなた!「自宅にデリヘルを呼ぶ時のノウハウ」を書くから参考にしてくださいね。

 

自宅出張料に注意しましょう

デリヘルには、無料派遣エリアと有料派遣エリアがあります。無料派遣エリアは待機所から近く、女の子の送迎時間ロスが少ない地域になります。有料派遣エリアは、待機所から遠方になるほど高くなります。「60分コースだけど、女の子の往復で60分以上かかった!」なんて、店側としたら採算が合いませんよね。

 

松戸市発のデリヘルは、新松戸を中心に市街地の交通費1,000円が一般的です。自宅出張料は、ロングコース限定でセットになっている店もあります。市街地にある自宅ならば、自宅出張料1,000円が相場だと思います。つまり、コース料金+交通費+自宅出張料が掛かると考えましょう。私の利用したデリヘルの話ですが、市街地の自宅で交通費も自宅出張料も掛からない店がありました。松戸のデリヘルは150店舗以上あるから、地元の風俗に精通した「松戸風俗.COM」で情報収集しましょう。

 

デリヘルを利用できる自宅の条件

デリヘルを利用できる自宅には条件があります。つまり「女の子を派遣するのに相応しい自宅か!」判断する基準だと思ってください。

 

・自宅のある場所

自宅がデリヘルの待機所から遠い場合は、女の子のスケジュールでキャンセルされる事もあります。自宅まで片道40分かかれば、プレイ時間+往復80分必要になるのです。「人気の無いフリーの子でもいいよ!」と思うかも知れないけど、デリヘルはビジュアルとスタイル重視なのでいませんよ。自宅が遠方にある場合は、駅西口の歓楽街で一杯やってラブホテルを利用しましょう。

 

・自宅の種類とタイプ

基本的に集合住宅のマンションなら1DKでも問題ありません。マンションでも家族などの同居者がいる場合はNGになります。1軒家で1人暮らしはOKですが、家族と同居はムリですよ。二世帯住宅で、家族と完全に仕切られているならOKです。社宅や寮、そして簡易宿泊施設は難しいと思います。基本的に、女の子が対面からプレイ終了で帰るまで「利用者以外の人間と絶対に接触しないこと」になります。

 

・ペットを飼っている

飼っているペットの種類にもよりますが、原則的に放し飼いはNGになります。ケータリングケースに入れるか、デリヘルを利用する時だけ誰かに預かってもらうか、対策を考えておきましょう。ペットの排出物や抜け毛などで、アレルギーになる女の子もいるのです。個人差があると思うから、お店に確認を取ってください。

 

・自宅の設備

デリヘルを呼ぶ自宅に必要な設備は、バスルーム・トイレ・ベッドが最低必要になります。バスルームにバスタブがなくても、シャワーがあれば大丈夫です。ベッドの替わりに布団やソファーベッドでも構いません。マンション形式の寮や研修施設は、玄関・風呂・トイレが共有の場合もありますよね。基本的にですがNGだと思ってください。

 

・女の子の都合

自宅派遣に条件が整っていても派遣する女の子の生活エリアだったり、周囲に親戚・知人が住んでいる場合はNGになります。デリヘルは秘密のアルバイトだから、女の子の立場もわかってあげましょう。

 

自宅派遣で用意する物

自宅派遣に必要な物は店で用意してくれるから、女の子の好きそうな飲み物を用意してあげましょう。女の子を自宅に呼ぶのだから、部屋を清潔にするのはマナーです。女の子への目配り・気配り・心配りはエチケットですよ。