松戸の風俗を予約して利用しよう!

柏の風俗嬢が警察の手入れを逃れて、松戸に流れているそうです。だから、駅西口の歓楽街は以前より活気がありますよ。競輪で大穴を当てたことはないけど、デリヘルでメチャ可愛い子に当たった松戸の風俗管理人です。

 

松戸は区画整理事業が進んで、都心のベッドタウン化が進んでいます。人口が増えると風俗初心者も多くなると思います。

 

そこで、松戸の風俗に詳しい管理人が「風俗の利用手順と予約の仕方」をアドバイスいたします。

 

風俗の基本は情報収集

松戸駅西口の歓楽街を歩いて、目に止まった風俗店に入るのはリスクが大きすぎです。「入ってみなけりゃ分からない!」という方は構いませんが、情報を仕入れてからがベストですよ。地元に密着した情報なら「松戸風俗.COM」が分かりやすいと思います。松戸以外の地域でも「利用場所+遊びたい風俗」で下調べできます。デリヘルなら「松戸 デリヘル」でOK。ソープは「松戸 ソープ」、ピンサロは「松戸 ピンサロ」で、簡単にお店の情報をゲットできます。

 

大手風俗情報サイトならば、関東エリアから千葉県を選び松戸市をクリックします。風俗のジャンルを選び、好みのタイプから絞り込みます。私も時々利用しますが、お店の簡単な説明だけでサービス内容が分かりません。料金やシステムを調べるなら便利だと思います。

 

風俗のサービス形態で選ぶ

さてさて、初めにどんな風俗で遊びたいのか決めなければなりません。歓楽街には、ピンサロ・セクキャバ・ソープ・ヘルスの店があるし、デリヘルの待機所もあるのです。

 

「ピンサロは飲み放題で手コキかフェラ・セクキャバはお色気サービスで抜きなし」といっても初心者は分からないと思います。一番わかりやすいのは「本番ができるソープ」ではないでしょうか。ソープの歴史は長いし、サービスも円熟してるし、風俗初心者でも大丈夫ですよ。

 

今回は「本番ができるソープ」で遊ぶと決めたことにします。松戸のソープは2店舗あるから「松戸 ソープ」で検索すると、お店の情報を収集できます。関東を中心にチェーン展開する、大手ソープグループの店だと分かるはずです。でも初めの1軒を決めなければなりません。料金やシステムも同じだから、風俗初心者はどっちでもかまいません。

 

遊びたいソープ店を選んだら、次に泡姫を探しましょう。ホームページに写真が掲載されてるけど、目だしやボカシが多いと思います。そういう時は、優しそうな目をしているなぁ・・・とか、オッパイとヒップラインが好みですよぉ・・・で、かまいません。誰でもいい!と思うより、指名してあげたほうが泡姫は喜びますよ。サービスもアップしちゃうかもです。

 

ソープは電話予約が基本です。

遊びたい店と泡姫が決まったら、お店に予約の電話を入れましょう。ソープの場合は直接入店してのOKですが、予約している人が優先になります。混雑する時間帯だと1時間待ち2時間待ちもありました。お目当ての泡姫に予約が入っている場合もあるのです。

 

私も初めてソープに電話する時、メチャクチャ緊張しました。訳もわからず話していると「初めてのお客様ですか、それではこちらからお聞きしますので答えてください」って、優しかったですよ。初心者は勇気をだしてがんばりましょう。

 

ソープの予約電話で注意すること

ソープの受付けが知りたいことの一番は「利用者の電話番号」なのです。電話番号がわかれば、確認や変更の連絡ができます。名前がわかっていても、電話番号が分からなければ連絡できません。

 

ということで、携帯電話は非通知を解除して「発信者番号通知」の設定にしましょう。非通知で電話したなら、必ず電話番号を伝えておきましょう。

 

※ソープは予約時間前に店へ行けばOKですが、デリヘルに店はありません。したがって、お客さんとデリヘルの連絡が重要になります。ホテルの名前や部屋番号を連絡したり、女の子が向かっている連絡を受ける事もできます。デリヘルの場合は「発信者番号通知」で電話しましょう。

 

予約電話のポイントは3点

風俗初心者が慌てないように、予約電話のポイントをまとめてみました。通話例も書くので参考にしてください。

 

受付けが知りたい予約電話のポイントは「名前・利用日・遊びたい子」の3点です。これを先にいってもらうと、予約がスムーズに進みます。質問や相談は後回しにして「名前・利用日・遊びたい子」をしっかり伝えましょう。

 

通話例 遊びたい子を指名する場合

「もしもし、〇△といいますが、明日の夕方5時にSMさんを指名できますか」で終了です。
受付けはSMさんのスケジュールを確認して、問題なければ予約完了になります。

 

通話例 遊びたい子が決まらない場合

「もしもし、、〇△といいますが、明日の夕方6時にフリーで予約できますか」で大丈夫ですよ。
女の子が決まっていない時は「フリー」といいましょう。フリーの場合は、女の子の年代・ビジュアル・スタイル・性格などを聞いてくれます。これを「好みのすり合わせ」といいます。

 

通話例 フリーで好みも伝えたい場合

「もしもし、〇△といいますが、明日の夕方6時にフリーで予約できますか。20歳半ばのお姉さんタイプで、テクニシャンが希望なんですけど」でOKですよ。スレンダーで巨乳タイプとか、エッチが好きな人妻タイプでもOKです。

 

※上の通話例は「ソープとデリヘル」で利用できますが、デリヘルは「ホテルの名前と部屋番号」を伝えなければなりません。

 

デリヘルの通話例 指名予約がある場合

「もしもし、今夜8時にSMさんを指名予約した〇△といいます。ホテル「LaSee」の206号室にチェックインしました。」でOKです。

 

デリヘルの通話例 ホテルから予約する場合

「もしもし、〇△といいますが、ホテル「LaSee」に今すぐ呼べる女の子はいますか」でOKです。

 

指名したい子がいれば

「もしもし、〇△といいますが、ホテル「LaSee」にSMさんを呼べますか」でOKですよ。
受付けはSMさんのスケジュール確認と、利用するホテルがNGで無いか判断できます。

 

おっと忘れるところでした!

「松戸風俗ドットコム」をみて電話していますが・・・」と先に伝えれば、受付けとの話しがスムーズに進みます。さらに、お得な割引を受けれるかも知れません。ひとことだけだから!メモしておきましょう。